高齢者介護リフォーム

画像クリックで拡大します

 

高齢者住宅改修費用助成制度を利用してシニアリフォームをしませんか?

と言っても全てのリフォームが対象にななるわけでは無いので注意が必要です!!

●手すりの取り付け

●段差の解消

●廊下の拡張や転倒の防止を目的とした床材の変更

●ドアの取り替え

●便器の取り替え

などが助成対象になります。あくまで要介護者様の生活の難点を解決するための改修ということですね。

※助成される支給限度基準額は20万円です。工事費用の最大9割を限度額として助成を受けることが可能です。

ケアマネージャーさんと一緒に住宅改修プランを作成して、その後改修費の申請を行っていくという流れになります。

とはいえ、こういった仕組みが難しいと感じる方や、そもそもおおよそのリフォーム費用の検討もつかない方がほとんどだと思います。初めての高齢者リフォームですから分からなくて当然ですよね。ただでさえ、介護認定を受けたご本人やご家族は生活のことで精いっぱいだと思います。

株式会社幸建は、横浜市認定の介護保険住宅改修登録事業者です。費用や助成金の仕組みなど、不明な点は親身になってお答えいたします。

以前、特別養護老人ホームの大規模改修工事を手掛けたことがあります。大勢の人が暮らしているわけですから、ドアの疲弊やクロスの汚れはどうしても目立ちますね。その他、古くなった手すりの取替や新規設置、外構工事なども行いました。個人住宅とは需要が異なりますが、そこで暮らす方の生活リスクが減り、また少しでも心地よさや利便性を感じてくれることへの喜びに違いはありません。

介護リフォームのことなら株式会社幸建におまかせください。